決算書の見方を知っているかいないか

9:37:02 | Comments Off

決算書の見方を知っているか知っていないかで、その会社の情報の知識というのが全然違ってくるものだとおもいます。

決算書に限らないことですが、この世の中ではいろんな情報をもっているかもっていないかで、その結果がかなり変わると思うんですよね。例えば今から取り組むことに関することを、しっかり調べてから取りかかるとそのはかどり具合も随分と変わると思うんですよね。勉強にしてもそうだし、仕事に関することでもそう、資格を取ることに対してもそう、人と接する時にもそうだと思います。

決算書の見方ももちろん同じことであり、決算書の見方を知っているかいないかで、その会社の業績や今後の改善点がちゃんとわかっているか、もしくは全く見えていないかという大きな差が生まれますよね。例えば上司が決算書の見方を知っていなかったらどうでしょうか。自分の会社のことなのに上司が今までのこと、今後のことを理解していないというのは、部下としても本当にこの会社についてていいのか不安になるし恐いですよね。

その会社の本当の姿がしっかりと見えるというのが決算書ですから、その見方を知っていれば、自分の会社についてしっかりと分かるということです。そうなることで、不安も取り除けると思います。まぁ不安を抱える原因は決算書の見方を知らないというだけではないですが、とにかく知らないというのは生きていく上で非常に恐いことだというのが過言ではないのがよくわかります。

決算書の見方というのはなぜ必要なのか

10:44:06 | Comments Off

決算書の見方について紹介してきましたが、決算書の中身についてご存知でしょうか。一般的に一言で『決算書』と呼ぶことが多いですが、実際には決算書というのはいくつかの書類から成り立っているものなんですね。すなわち、決算書というのはそれらの報告書類などの“総称”ということになるんですね。そこは覚えておきましょう。

『損益計算書』、『貸借対照表』、『株主資本等変動計算書』、『事業報告』、『注記表』というこれら5種類から成り立っているのだそうです。しかもその場合によっては『製造原価報告書』というものまで含めると、6種類もとなるケースもあるのだとか。そしてまた、最近は米国にならい大会社に関しては更に『キャッシュフロー計算書』というものまでもが加えられるようになってきたのだそうです。

決算書と一言で言っても色々な書類などの総称ということで、沢山の書類の見方を知ってこそ初めて『決算書の見方を知っている』ということになりますね。決算書の見方というのはそういった沢山の書類の内容が把握できるようになって初めて見方うんぬんが語れるということです。

決算書の見方を知らなくても、『ただ利益の金額だけさえわかれば良いじゃないか』という人もいるかもしれませんが、それなら『今期の利益はOOO万円でした。」だけで済んでしまう話です。ですがこれでは、資本家の納得を得られるとは考えられないですよね。ということは、やっぱり売上や経費がどのくらいかかったのか、そしてそのうちの人件費というのはどのくらいなのかといったような、詳しい説明が必要となるわけですね。なのでそこで、“損益計算書”でその辺を詳しく報告するわけなんだそうです。

決算書の見方を知らなくちゃいけない人。

9:17:44 | Comments Off

決算書というと、会社組織の中でも上の人間がこういった知識を持っていなくちゃいけないものだと思っていませんか?一見サラリーマンにはあまり関係のなさそうな決算書の見方。ですが下っ端の営業サラリーマンにも見方を知っていないと後悔する出来事が待っているかもしれないのです。

でもこれが実は営業マンにとっては決算書の見方を知っているかどうかで全然違うんですよね。というか必要最低限の知識だと思います。でもこれがなかなか見方を正確に知っている人って少ないんですよね。営業を何年もやっていると、『何年も仕事しているのに今更誰にも聞けないよ・・・』と思っている人も多いのではないでしょうか?

ですがそんな人の為に、決算書の見方を教えてくれる講座なんかがあります。『今更人に聞けない・・・』と思っている人が自分だけだと思っているかもしれませんが、案外他にもそんな人が多いと思いますよ。そういった講座があるということを知ったことを機会に、しっかりと決算書の見方を習っておくべきだと思います。

借方、貸方、勘定科目など会計や簿記の基礎知識は全くなくても、営業マンが自社や取引先の決算書の読み方の実務上のポイントだけをマスターすれば十分なのですから。見方を学ぶ為にはなんといっても実践的な分析が一番です。数をこなせば頭に自然と入ってくるでしょう。とりあえず見方うんぬんの前に、数多くの決算書を見ることから始めてみましょう。そうやって見方を覚えていくことが1番だと思います。

決算書の見方と経営について

9:12:10 | Comments Off

決算書の見方を知っているか、見方を知っていないかでかなり差が出てくると思います。見方を勉強するということは企業の成長にとって、経営方針を検討したり判断したりする際に大事なことですし、決算書の見方を知り、客観的な数値を知ることが最適だと言えます。そして、経理部の人達が見方を知っていて読むというよりも、生産部門・販売部門などの人達、そして最終的な経営判断を行なう経営陣が決算書の見方を知っているということの方が、企業の成長にとってかなりのプラスになるとのことなんですね。もちろんこれは、上場企業か非上場企業かとか関係なく言えることだと思いますが。

ただしこれらの見方を知るだけの為に、簿記や経理を本格的に学ぶ・・となると見方を学ぶまでにかなりの時間が必要となってしまいます。もし経営陣や実業部門の人達が見方を知るだけの為にそのようなことをしていたら、本業がおろそかになってしまって本末転倒になってしまいますよね。なので、決算数値の全体像が読め、細かな分析は専門家に任せる、けれどもその資料くらいは自分達でしっかり読み取れるという程度に勉強するのがいいでしょうね。決算書の見方についてあまり追及しすぎて、深く入り込まないようにすることも大事なことだと思います。

本来の『決算書』というのは、企業活動の“結果”として重要な、客観的な数値がまとめられているもの。なので、会社経営には絶対不可欠なものだといえますよね。同族会社(経営者≒株主)の会社であれば、この客観的な決算書の数値を無視した社長の直感的な経営判断を行ってしまっても許されるかもしれないのですが、これがもし上場会社となれば話は別です。投資家や株主から決算書による客観的な数値の結果が求められると思いますので、客観的数値・計数を把握しながらこれらを基に経営管理を行っていくのが必要となって来るのですね。

決算書の見方を知るのは何の為か

9:24:18 | Comments Off

ここで決算書の見方についていろいろと書いてきてますが、決算書とは、自分達が一生懸命働いてきた成果が最終的に評価されている形が「決算書」なんです。その決算書の見方がわかるだけで、自分が日々頑張ってきている努力(=仕事)が決算書のどこの数字に結びついているのかを知ることができますし、実感もできるので、決算書の見方を知っているだけで、自分のこれからのやる気にもつながると思います。

決算書の見方といっても、見る項目によってさまざまな見方があるわけですが、“売り上げ”が会社の利益だと考えると、それは大きな間違いなのです。もしも商品となるものなどを販売したとき煮えた『稼ぎ』以上に、その他の『コスト』がかかるというのなら、その会社は儲かっているどころかむしろ『赤字』となってしまうわけですよね。要は、会社が「どのくらい売り上げているか」より、「どれくらい儲けているか」の方が重要と言えるのですね。

決算書にはその、“稼ぎ”だけじゃなく、かかる“コスト”や最終的な“儲け”も記載されているのです。

そんな決算書の見方を詳しく知っていれば、会社の状況が一目瞭然で把握できるということなので、自分の会社の状況を知る為にも、決算書の見方を知っているということは非常にいいことだと言えますね。決算書に限った話ではなく、どんなことにも言えることだと思いますが、いろいろな知識をどれだけ持っていても決して無駄なことはないと思います。決算書の見方もせっかくなので何かの機会に覚えておくと、いざという時に必ず役に立つはずです。

決算書の見方

9:15:33 | Comments Off

決算書の見方の、貸借対照表の見方におけるいろいろな見方のポイントについて少し紹介します。

貸借対照表の見方のポイントは、財政状態の内容を的確に把握すること。・・・なんですが、この場合は、同業他社の業界標準的な貸借対照表を入手し、そしてそれらの貸借対照表と比較する事ができるのであれば、それが1番望ましいことだと思いますが、必ずしも手に入るとは限らないのだそうです。

そこで、最も迅速で簡単に効果を発揮することができるのが、【比較貸借対照表】の作成による【増減差額分析】なんだそうです。このように、当期の貸借対照表を前期のものと比較することによって、異常点、問題点を浮き彫りにすることができる方法は、企業の財政状態を説明する場合の常識となっているのです。

貸借対照表の代表的な分析である比率分析は、健全性と流動性、そして安全性とに分かれているのだそうで、

健全性というのは、事業資金のほとんどを、一体なにで賄っているかの『度合い』を示すもののことで、企業の経営上の財務的健全性を表示しているのだそうです。この健全性というのは、一般に自己資本比率 (=自己資本/総資本×100%)で表示されているのだそうで、この比率が50%をも越えていることが望ましいと言われているそうです。

流動性とは、資産の現金化の度合いのことをいうそうで、資金繰りに最も重要であると思われる企業の支払い能力を表示しているのだそうです。この支払能力というのは、一般的には流動比率が100%を上回っていれば上回っているほど、『支払能力に余裕がある』という意味なんだそうです。

そして安全性とは、資金調達に関しての安全性の度合いのことをいうそうで、企業による資金調達源泉の安全率を表示しているのだとか。
そしてこの安全率というのは、固定資産が100%を越えていれば越えているほどに、『固定資産を自己資本で調達する』ということになるのだそうです。

こういった決算書の見方を知り、内容をしっかり自分の目で見て、自分で把握できるようになる為にも、決算書の見方をいろいろ知っておくというのは非常に大事なことなんだと思います。決算書の見方を知っているのと知らないのとでは全然違いますよね。

決算書の見方について

10:29:16 | Comments Off

決算書の中身というのは、どんな内容なのでしょうか?一言で【決算書】と呼ぶわけですが、実際にはその【決算書】というのはいくつかの書類から成り立っているんだそうです。ということは【決算書】はそれらの報告書類を総称して【決算書】と呼ぶのですね。

内容として、損益計算書、貸借対照表、注記表、株主資本等変動計算書、事業報告などの5種類から成り立っているんだそうです。それらも場合によっては製造原価報告書も含めて6種類とするケースもあるとか。また、最近はアメリカにならって大会社に関しては、キャッシュフロー計算書が加えられるようになってきたとのことです。

そして決算の最大の目的というのはなんだと思いますか?それはその事業の年度における利益の計算にあるんだそうです。この利益の計算に関する役割を担っているのが先ほども少し言った損益計算書というものです。ただ利益の金額だけわかればいい、という場合なら、『今期の利益は〇〇万円でした。』で済んでしまう話ですが、内容がこんなものでは、資本家の納得を得られそうにありませんよね…。

やっぱり経費はもちろん、売り上げがどのくらいかかったのか、そしてそのうちの人件費は一体どれほどかかったのかなどといった、決算書の内容には詳しい説明が必要と言えますよね。なので損益計算書でその辺のことを報告するというわけなんですね。

決算書の見方は、それらのいろいろな見方によって内容が把握されるというわけですから、見方を知っておくことはもちろん大事ですが、内容もとっても大事なんですね。

決算書の見方いろいろ

9:26:21 | Comments Off

決算書の見方についてこんな見方があるんだよというようなこといろいろ紹介してきましたが、見方を知るいうのはいろいろな場面で役立つということがわかったと思います。そしてまた決算書の見方などについても少しおさらいをしていこうと思います。

決算書というのは、企業の一定期間の経営の「成績」を表していて、それが経営者にとっての成績表とも言えるものです。ですが、正確にいうと「財務諸表」のことを指すんだそうです。商法では「計算書類」とも呼ばれるのですが、ここでは証券取引法によって作成と公表が義務付けられているという「上場企業の財務諸表(決算書)」の見方などについていろいろわかる範囲ですが説明してみたいと思います。

財務諸表(決算書)の見方を知り、理解するということは「ファンダメンタル分析」を行う上でもすごく重要な要素。本来は、財務諸表(決算書)には何種類かあるそうなのですが、まずは「キャッシュフロー計算書」といううものに対しての見方を少し書きたいと思います。

キャッシュフロー計算書というのは、一定の期間の資金の流入、または流出などを「営業活動によるキャッシュフロー」、「財務活動によるキャッシュフロー」、「投資活動によるキャッシュフロー」の三つに区分して表示するようです。そのキャッシュフロー計算書の見方でキャッシュの発生源泉が分かるんだそうで、その企業の価値が見方を知っているだけで判断できるということです。

営業活動によるキャッシュフローというのは、そのままですが営業活動で得たキャッシュを示していて、財務活動によるキャッシュフローというのは、借入れによる収入、または返済による支出などによるもの。そして投資活動によるキャッシュフローというのは、有価証券の取得や売却、定期預金の払戻しや預入、固定資産の取得や売却などによるキャッシュのことを示しているそうです。

これらの見方だけじゃなく他にもいろいろ学んでおき、しっかりと頭に入れておけば、ちゃんとした見方ができるようになるということでしょうね。

決算書の見方を学ぼう

9:30:01 | Comments Off

決算書の見方を知っているというだけで「デキる」というイメージを持ちますよね。

決算書のあれこれを知っている人というのは、その会社の改善点や今後の経営についてしっかりと分析できるようになるということですよね。そんな決算書の見方をしっかりと学べるところがあるんですよ。前にも言ったようにセミナーのことですね。

起業家のために応援してくれるいろいろなケースに合わせたアドバイスなどをくれるセミナーが人気のようです。たとえば会社を継がせるときなどに、いろいろな予想外の問題が発生することってありますよね。会社を上手に継がせるポイントなどを事業承継専門としているような税理士の方から分かりやすく教えてもらえるというセミナーや、会社設立のポイントなどを丁寧に解説してくれるとか、会社設立で失敗しないための【会社の作り方】、そして節税などの【税】に関するようなことや、税務調査に関することもを学ぶことができるんだとか。

もちろんここで話題になっている決算書の見方や決算書の活かし方なんかも学べるというところがあるんですね。何回も言っているように、「決算書の見方を知らずに、経営は成らず。」ですから、そういったセミナーなんかで経営者として「決算書をどう見たらいいのか」を確実に学んでくるのが、会社経営のためには基本のことかもしれません。

だからこそ決算書の見方というのは必要であり、大事なことなんですね。

決算書の見方を知っていると・・・

11:06:16 | Comments Off

決算書の見方というと、前にも言ったとおり企業が今後さらに発展するためにはすごく大事なことですよね。企業の成長にとっては、いろいろな見方を知ることは非常に大事です。ものの見方を少し変えるだけでかなり変わることって世の中にたくさんありますよね。決算の見方でもそうだと思います。決算書の見方からによる客観的な数値に、その現場の状態や状況が別の要素を添え加えられた経営方針を検討し、判断することが最適だと言えますよね。そのためにも決算書の見方を知るということは経理部が見方を知っているよりも、(見方は知っているに越したことないですが)生産部門や販売部門などの人らが最終的な経営判断を行なうために経営陣が決算の見方を知ってもらうことが、企業の成長にとってはかなりのプラスになるということのようです。これは上場企業か非上場企業かは全く関係なくすべての企業の成長にとっていろいろなものの見方というのが大事なことだと言えるようです。

でも、経理や簿記を本格的に学ぶとなったら、時間がかなり必要となるので、経営陣や実業部門の人たちがそのような行動に移したら、本業の方がが疎かになってしまうので、本末転倒になりますよね・・・なので数値の全体像の見方がわかって、かつ細かな分析をするというのはその道の専門家に任せるというのがいいでしょうね。どんな道にもプロというのがいますからね。決算書の見方を知っているということは非常にいいことなのですが、資料は読み取れる程度に勉強しておき、あまり追及し過ぎて深入りしないようにすることも企業にとっては大事なことのようですね。

キャッシュフロー計算書というものもありますが、キャッシュフロー計算書というのは、会社の会計年度におけるキャッシュ【現金や普通預金、当座預金などのことですね】フローの状況を一定の活動に区分して表示することで、企業の活動を通じ、どれだけの資金を獲得、そしてこのうちのどれだけの資金を株主配当や投資活動として利用しているかの情報を得ることができる表ということになります。こちらの見方も知っておくと勉強になりますね!

« 前のページ次のページ »