決算書の見方と色々なモノの見方

9:35:26 | Comments Off

決算書の見方について色々と紹介してきましたが、決算書っていうのはいろいろな会社の状況がわかるものですよね。

そんな決算書の見方をちゃんと知っていれば、会社の情報がわかるということです。最近はその肝心な決算書の見方を知らない人が多いそうです。社員全体が決算書の見方を知っていれば、会社の業績などをみんなが気にするようになると思うので、会社にとってもいい傾向になっていくと思います。

決算書だけじゃなく、見方を知るということでは、色々なものの見方も知っておくことが大事です。生きていく上ではすべて情報がモノを言いますから、情報を収集する為には、何かしら見方を知っておく必要があるのです。

情報は武器だと言いますが、まさにその通りで、この決算書の見方に関しても、情報収集の一環だと思って見方を学んでおきましょう。

決算書の話とはずれますが、最近ものの見方って大事だなとすごく感じます。決算書などの見方という意味の「見る方法」ではなく「捉え方」という意味です。

人は全てのことにおいて、自分の見方ひとつで物事を簡単に判断してしまいがちです。もちろん自分もそんな傾向にあります。「自分が嫌いだと思う相手は大抵向こうも同じ」だと聞いたことがありますが、必ずしもそんなことはないですよね。

第一印象は「目つきが悪くて感じ悪い」「話かけてもそっけないし、私のことが嫌いなんじゃ・・・」と思っていたけど、いざある話題で盛り上がってみたら「ものすごい面白い人だった」とか、「人見知りなだけで、うちとけたらすごくいい人だった」というようなことって、よくありますよね。もちろん逆の場合もありますけど。

こういった場合に思うことは、自分の勝手な見方で人を判断しないことが大事なんだということ。ものの見方(捉え方)ひとつでかなり楽しい気分になれたり、一気に悲しい気分になってしまったりしますよね。

だから自分はなるべく最初の印象で決めつけないで、何でもチャレンジしてみる(人の場合は話かけてみる、その物に興味がなくても知ってみる)ことを心がけるようになりました。

自分が作り上げた狭い世界の中で生きるよりも、いろいろな見方をして世界を広げて生きていく方が楽しそうですからね。

決算書とはかなり話がズレてしまいましたが、最近そういったことをよく考えています。

決算書の見方についていろいろ

11:04:18 | Comments Off

ビジネスを円滑に進めていくにあたって、会社経営について検討したり考えたり討論したりする際に大事なことと言えば、決算書ですよね。もちろん株式投資を行うとなった時にも、この決算書の見方を知らないと致命傷です。税務調査の徹底対策するにしても覚えておいた方がいいと思います。

財務諸表や決算書の見方を知っているか知らないかで、その経営能力は分かるとも言えるかもしれません。経営側の立場としてだけではなく、投資家側の目線で考えることもできるようになるかもしれません。色々なものの見方ができることは、何もビジネスに限らなくても非常に大事なことです。

色々な立場になって幅広く考えれることで、次々といいアイディアが浮かんでくるようにもなるでしょうし、とりあえず経営者となったからには、そういった決算書の見方を知るというのは非常に大事なことだと言えます。

まず基本的なことですが、よく会社概要に書いていある資本金などという言葉がありますが、言葉の通り「元手のお金」という意味ですね。資本とは、株主資本、自己資本、純資産などがありますが、これらはいずれも返さないお金という扱いです。

ですが負債という言葉がある場合、その負債分はいつか返すお金とされています。一言で負債と言っても「固定負債」や「流動負債」などという言葉もあるので、負債の種類についても覚えておいた方が、見方がわかりやすくなるでしょう。

ちなみにその「固定負債」というのは、1年以後に返済が可能なもので、長期借入金だとか社債などに使われる言葉です。
そして「流動負債」というのは、1年以内に返済が可能なもので、短期借入金や買掛金などに使われる言葉です。

このように、まずは決算書に出てくる言葉から覚えておくと、すんなりわかるようになっていくかと思います。

決算の時期

11:01:19 | Comments Off

3月と言えば決算の会社が多いかと思うのですが、3月にはいってからあっという間に月末となりましたね。この3連休だというのに、忙しさから家でも仕事を持ち帰ってやっていたという人も少なくないかもしれませんね。

ここでは決算書の見方を紹介してきていますが、決算書の見方を知る機会というのは、普通に普段から見ている人でもない限り難しいことですよね。覚えるにしてもそういった仕事内容じゃないと、覚えることもなかなかないでしょう。

ですが、実際に上場している企業などで、この“決算書”が利用される場合というのは、銀行の借り入れの際や、税務申告などといった「外部からの求め」に応じて、提出が迫られるケースがほとんどだと思います。

当然、この決算書をもととして、経営会議や取締役会などので企業の今後の経営戦略など考えたりしますが、実際にはこういった形で予算実績比較を行なったりする機会はあまりないのだそうですが、なぜそういったことを行わないのかの理由としてあげられるのが、なんとも情けないことに、「肝心な経営陣が決算書の見方を知らない」ということなんだとか。

当然ながら、経営陣が見方を知らないとなると会議の資料として利用されるわけがないですよね。そこにそれがあるだけでは、会議に何の必要もないですし、意味もありませんからね。

なのでこういった大事な会議にも利用されず、銀行の借り入れの際や、税務申告などが終わってしまえば、本当なら大事な役目を果たしているはずの決算書が、棚の奥にそのまま仕舞い込まれてしまって、会議などで誰かの目にも触れることもなく眠っているという場合が当たり前になりつつあります。

決算書の見方とセミナー

11:04:29 | Comments Off

決算書というのは見方が難しいらしく、実際に、決算書の見方が全くわからない人も多いんだとか・・・。

世の中には、難しい書類というものがたくさんありますよね。決算書もそのうちの1つかもしれませんね。でも、どんな分野にも専門のプロという人がいますから、ここは専門の人に頼るのがいいでしょう。と言ってもいずれは自分たちで決算書に関する知識をつけていかなくてはいけないもの。そのためになんと決算書の見方などを学べるセミナーというものがあるそうです!!これは会社経営陣に非常にありがたいことですよね。

講座の目的はそのままで、決算書における数字や会計が苦手という人のために、SVや加盟店オーナーを対象とした基礎のセミナーらしいです。それぞれ店舗や会社の経営状況を『数字で語る』ことができるようになると、例えば『当店の月々の損益分岐点売上高は、〇〇円なので、お客様1人当たりの売上高を200円程アップできるよう、一声かけるなどの運動を実施するようにしましょう!』というような具体的で明確な経営をすることができるということ。

また、決算書の見方を知っていれば具体的な数字がわかるので、例えば『きちんと減価償却を実施した税引後利益が〇〇円の利益計画だから、3年で投資回収ができるでしょう!』とみんなも具体的に理解出来るので、安心して経営をしていけるわけですよね。決算書の見方を知るということは、経営をしていく上で、例にあげたような具体的な指示を出すためにも、経営状況をみんなもわかるように説明するためにも、非常に大事な分野なんですね。

決算書の見方に関する話

10:14:52 | Comments Off

決算書の見方というのは一般の人にあまり馴染みのないことですよね。

本来【決算書】は、企業活動の結果として客観的な重要な数値がまとめられているものなので、会社の経営には不可欠なもの。経営者≒株主のような会社なら、この客観的な決算書を無視した社長の直感的経営によるような経営判断をしていたとしても許されるかもしれないのですが、上場会社となれば株主や投資家からは、決算書による客観的な数値による結果というのを求められはずなので、客観的数値と計数を把握して、これらをもとに経営管理をして経営方針を検討し、判断することが大事になってきますよね。

でも、非上場企業で決算書が利用されるケースというのは、銀行の借入時や税務申告など、外部からの求めに応じて提出が迫られる場合のみのケースが多く、決算書をもとにして取締役会や経営会議で経営戦略などを考えたり、予算実績比較を行なうことなどということは、あまり行なわれていないのです。これらが行なわれていない1番大きな理由としたら、【経営陣が決算書の見方を知らない】ということが挙げられるかもしれません。もちろん経営陣が見方を知らないものというのは、会議の資料として利用されるわけがないので、税務申告が終わったら決算書というのは、銀行の借入でもしない限りは、誰の目にふれることもなく経理部の奥の棚にでも仕舞い込まれてしまって、ホコリが被った状態になっているというケースが多々あるんだと思います。

なので決算書の見方というのは一般的には重要なことではないのかもしれませんね。

決算書の色々

10:23:12 | Comments Off

決算書は、会社法、金融商品取引法や業法等で作成が義務付けられています。公正妥当と認められた会計基準により作成されています。
会社法では呼び方が変わったりしますが、決算書に変わりありません。

上場企業など、金融商品取引法により有価証券報告書を提出しなければならない会社の決算書は、EDINETでの見方が一般的だそうです。
また、上場企業以外の株式会社は貸借対照表を公告する見方がとられ(企業のウェブサイト、日刊新聞紙又は官報のいずれか)公告方法は登記されます。

決算書は、不正や誤謬により適正に作成されないリスクがあるため、会社法上の大会社や一定の企業は公認会計士及び監査法人の会計監査を受けることを法で義務付けられているのです。決算に関しては正しい味方が特に要求されますしね。

決算書にも色々な見方があると思いますが、正しく正当にが基本です。
前にも書きましたが、納税にも大きくかかわってくるわけで税務調査対策のためだけではなく、会社の信頼を築く上でも重要な役割を決算書、またその見方は果たしています。
ますます決算に対する見方を把握し負ければいけませんね。