決算書の見方~損益計算書~

11:07:29 |

決算書の見方と言えば損益計算書の見方も大事。

損益計算書とは財務諸表の1つなんだそう。その損益計算書にある利益の中でも、おそらく1番大事なものと言えば、「経常利益」というもの。皆さん経常利益の見方など、知っていますか?

この経常利益の数値というのは、経常的な財務活動、そして営業活動をとおしてその会社がどのくらい儲かっているのかを示している重要なところなので、見方を知っておくといいですよ!

【営業利益±営業外損益】を計算することで、この最も重要であるポイントである“経常利益”が求められるということになります。“営業利益”についてはこの後紹介していきますね。

ちなみにもうひとつの営業外損益というものは、営業活動以外で主に財務活動で発生している費用や収益に関することだそう。具体的に言うと受取利息だったり、有価証券の売却益など。

その経常利益の他の利益についても紹介していきますが、“売上総利益”とうものも聞いたことがあるかと思います。そしてこの売上総利益というのは【売上高-売上原価】で算出できるいたってシンプルなもの。

そして営業利益というものもあります。これは見方を知らない人でもよく聞いたことがある言葉だと思いますが、今紹介した売上総利益から販売費(または一般管理費)をひくと、先ほど紹介した、この「営業利益」というものが出ます。

ちなみにこの販売費(もしくは一般管理費)というものとは、たとえば働いている従業員の給料なんかも含まれていますし、広告費も含まれます。他にもそれぞれの店舗などの家賃だったり、営業に使われた費用などのことも指しています。

要はこの販売費というのは、「営業活動などによってその会社がどのくらいの利益をあげているのか」、というところがわかる部分。

決算書の見方を学ぶのは難しいことだけど、見方をしているだけで得をすることもあるかもしれませんよ!

コメント (0)

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS

現在コメントフォームは利用できません。