見方を知ろう!

10:06:05 |

近頃、企業はしたものの難しいことのほとんどは、他の人に任せるという経営者が多いそうですが、例えば決算書でも同じで、それを基に経営分析を行う際にも専門家に任せようと思っている経営者が結構いるようです。

調べてみてから段々とわかってきたのですが、最近では見方をまったく知らない上層部の人間も結構いるようで、人任せにしなければ、しっかり自分の力で経営できない傾向が強いようです。

まずは見方を知らなければ、今後の経営に関しても難しくなっていきそうですよね。知り合いに飲食店のオーナーがいるのですが、やっぱり名前だけのオーナーなのか、仕事の大変なところのほとんどは、マネージャー兼店長と呼ばれる全部の店舗のまとめ役的な存在の人が、経営に関することは当然、面接・採用、給与の管理、従業員の管理(トラブルなども含め)まで、すべて行っている人がやっぱりいるようです。

オーナーは何をしているかというと、やっぱり仕事の為の情報収集や、いろいろな勉強会、経営者たちが集まる会合などにどんどん参加していき、知識をつけたりマネージャーや各店舗の店長に指示を出す経営者らしい仕事は、どんな経営者よりも頑張っているようですけどね。

おかげで店舗の拡大や本店の拡大、海外進出の話が出たりと、かなり順調にいっているようですけどね。

ですがこのオーナーはやっぱり決算書の見方は分からないそうです。基本的にはプロに任せて経営判断をしてもらう、いわば金で大事な時間を買って、雑用は人に任せるという流れで、いい経営手段を見出していくのがうまいオーナーだと言えます。

ですがいつか決算書くらい見れるようになってくださいとマネージャー兼店長に言われていましたけどね。

コメント (0)

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS

現在コメントフォームは利用できません。