決算書とは

11:46:48 |

今年ももう残すところあとわずかということで、決算書について改めて紹介しようかと思います。

決算書とは会社の成績表だと前に書いたような気がするのですが、会社というのは、普段さまざまな取引を行っているかと思います。

取引というのは【社員に給料を払った】とか、【現金で何か購入した】とかいうのも、取引として扱われます。そういった会社が行う全ての行為が取引とするのですが、会社側はそういったことは全て記帳しておきましょう。

そして【決算書】という呼び方のものと【財務諸表】という呼び方のものがあるのですが、これはどちらも同じものと思っいていいでしょう。証券取引法では【財務諸表】、商法では【計算書等】、税法では【決算書】、と言うように呼ぶそうです。同じ者だということを覚えておくといいと思います。

商法によると、株式会社というのは決算書類を広告しなければならないと定めているそうです。なぜかというと、決算内容を広く社会に知らせて利害関係者に“正しい情報”を提供することが目的となっているからなんだそうです。ちなみに利害関係者というのは、その会社にお金を貸している金融機関(銀行など)、会社に商品を納めている企業など、そして株主のことです。

決算書のいい点と言えば、膨大な取引の要約を客観的に一目見て理解できるということ。ただ、この見方を知らなかったら無理な話なんですけどね。だからこそ、特に会社の重役の人達は決算書の見方の勉強をしなければいけません。この会社はどれくらい儲かっているのか、借金などの負債は許容範囲なのか、などというところの見方を知っていないと決算書の意味がありません。

会社がコツコツと記帳してきた帳簿なんかでこの決算書の内容を表すとしたら、きっと何万ページにまでも及んでしまうようなものとなるでしょうね。でも、決算書なら、取引の状態がほんの数ページで内容が分かるわけですから、株主などの投資家にとっては決算書の存在というのはとっても有難い者だと思います。

コメント (0)

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS

現在コメントフォームは利用できません。