決算書の見方を知っているかいないか

9:37:02 |

決算書の見方を知っているか知っていないかで、その会社の情報の知識というのが全然違ってくるものだとおもいます。

決算書に限らないことですが、この世の中ではいろんな情報をもっているかもっていないかで、その結果がかなり変わると思うんですよね。例えば今から取り組むことに関することを、しっかり調べてから取りかかるとそのはかどり具合も随分と変わると思うんですよね。勉強にしてもそうだし、仕事に関することでもそう、資格を取ることに対してもそう、人と接する時にもそうだと思います。

決算書の見方ももちろん同じことであり、決算書の見方を知っているかいないかで、その会社の業績や今後の改善点がちゃんとわかっているか、もしくは全く見えていないかという大きな差が生まれますよね。例えば上司が決算書の見方を知っていなかったらどうでしょうか。自分の会社のことなのに上司が今までのこと、今後のことを理解していないというのは、部下としても本当にこの会社についてていいのか不安になるし恐いですよね。

その会社の本当の姿がしっかりと見えるというのが決算書ですから、その見方を知っていれば、自分の会社についてしっかりと分かるということです。そうなることで、不安も取り除けると思います。まぁ不安を抱える原因は決算書の見方を知らないというだけではないですが、とにかく知らないというのは生きていく上で非常に恐いことだというのが過言ではないのがよくわかります。

コメント (0)

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS

現在コメントフォームは利用できません。